佐賀大学主催「SAGAむし結び」の開催について

概要

 2023年9月に日本昆虫学会大会(第83回)が佐賀県で初めて開催されるのを契機として、県内のさまざまな施設との連携で8月から9月にかけて昆虫を基本テーマとした関連のイベントを企画してもらい、同時にデジタルスタンプラリーを開催し、全体として「SAGAむし結び」として繋ぎます(詳細は別添資料をご参照ください。)

 本学では9月16日に公開シンポジウム(共同主催:日本昆虫学会自然保護委員会・佐賀自然史研究会、後援:佐賀市)を開催するほか、附属図書館と産学交流プラザで8月18日から昆虫関連の特別展示を開催します。

  • 開催期間:2023年8月〜9月
  • 主催:国立大学法人佐賀大学、共催:日本昆虫学会、後援:佐賀県
  • 協力施設等:別添資料を参照
  • ロゴ・ポスターデザイン:芸術地域デザイン学部4年生
  • パンフレットデザイン・ウェブサイト制作:農学部卒業生
  • デジタルスタンプラリー・システム提供:合同会社ロケモAI(佐賀大学ベンチャー)

活動の目的および期待される成果

 一連のイベントへの参加を通して自然環境や県特有の昆虫等を知ってもらうとともに、佐賀大学の昆虫や自然に関する研究成果を紹介し、生物多様性や自然保護への理解を深めるきっかけづくりとする。

 スタンプラリーでは、各施設でスタンプを登録することにより、それぞれ異なる昆虫が「採集」される仕掛けとなっており、県内の昆虫に関する知識がスタンプの収集を通じて自然と身につくように配慮している。

 さらには、県内の珍しい昆虫を切り口とした観光促進にもつなげたい。

本件に関する問い合わせ先

佐賀大学農学部生物資源科学科生物科学コース

教授 徳田 誠

E-Mail:tokudam@cc.saga-u.ac.jp